人気ブログランキング |

風に包まれて

部外者であり、応援団でもある私。

今日、お休みだった。腰をちょっと痛めたので、朝からジトーっと家でGameやらTVをみたりして過ごしたんだけど、所謂「汚染米(日本語?造語?)」の報道と「力士の大麻疑惑>疑惑?」のUp Dateが多く見られ、通常は仕事でTV等見られない勤め人の私としては、ナルほど、報道の威力って凄いなぁっと改めて考えさせられました。

私はお酒が大好きですが、所謂業界とはまったく関係が有りません。大好きな酒蔵にお邪魔することや、個人的に応援する蔵はあっても、有名なHP等で「蔵元も被害者である」と言うスタンスにはまったく同意できない、ごく一般的な焼酎好きオヤジに過ぎません。
結果的に「健康に影響を及ぼす値が出なかった」事は、本当に胸をなろおろす事ではありますが、大前提に、その発表された検査報告結果が本当に信頼できるのか、検査方法が「公明正大」であるのか?一度崩れた信頼の上に乗っかった情報を鵜呑みにはなかなか出来ませんね、私は。

Netでは専門的な知識を振りかざし、それだから「問題ない」とか、それだから「問題あり」だとかの情報が氾濫していますが、私は旨い酒が飲みたいのであって、科学的なことはなんにもわからす飲んでいます。飲む側に不安があれば商品は売れないでしょう。
しかし、その不安に対して製造側は、「私も被害者です。」と言う言葉で問題を転嫁するような発言に終始している気がし、私にはそんな説明されても、不安を払拭させる事は到底出来ないとと感じています。

材料(芋、水など)に拘っていると企業理念を色々な機会で発信し続け、だからこそ市場で大きなMarketを獲得した鹿児島の「西 酒造」への私を含めた消費者の疑念に、製造責任者として情報を開示する義務があると考えることは間違っているのでしょうか?
(他に比べて、安いものは、安い理由が必ずあるのです。それは大手であっても、個人の消費であっても同じセオリー。”幸運”にも「目の前にあるものが、同等以上の質で今までよりもはるかに安いハズはないのです。それは、流通に関わったものなら”絶対に”理解していることです。それを知っていながら手にしたという事は、”確信”しているということです。もし、汚染米が通常の米より遥かに”高価”で、だから品質に優位性があると思い購入したとしたら、”プロとして失格”と言う事です。)

勿論、大多数の蔵元は今回の事件とは無縁であることは事実です。だからといって議論も情報も公にしないで、とにかく蔵元は悪くないと言うスタンスだけで、本当に製造責任を問わない地元焼酎ファンの存在は、全国展開をしている業界に麻薬的な心地よさを与えることはあっても、本質的な病理に対峙し、病んでいる蔵元自ら進んでメスを入れる事をしない言い訳を与える愚行であると私は思います。

業界は「風評被害」があったとして法的な動きもありとNewsでは伝えています。個人的には「蒸留酒」の焼酎への影響は無いものと勝手に思っていますが、これすら根拠が無いこと。
今までも西 酒造はバニラ香等の疑惑に対して私が知る限り「製造業」として、説明責任を果たしてこないこともあり、業界内部の都合が悪いときには消費者に説明しない体質を変えない限り、この未曾有の危機を乗り切っても、未来にさす光は現れないであろうと、今日も九州の焼酎を飲みながら勝手に思っています。

うに
by uni2323 | 2008-09-17 22:00 | その他