風に包まれて

技師 A

竹の子掘りに行った時に痛めた足の具合が一向によくならなくって近くの外科医の門を叩いた。
受付:どうしました?
うに:えっと、、、、足を捻挫したみたいで、、、
受付:では少しお待ちください>ニッコリ

待つこと数分、「xxxさん、レントゲン室にお入りください」 とのアナウンスあり。

うに:(おお、こんなに患者さんがいっぱいなのに意外と早いな)>心の声

技師A:どうなさいました?
うに:えっと、3週間前に、、、(以下省略)。で、今でも足首が腫れていて、、、
技師A:捻挫したときに、足が腫れたり内出血しませんでした?
うに:はい、倍位に腫れあがって、結構すごい内出血でした。

技師A: !!!!!>鬼の形相! で
      大体、腫れて内出血した場合には、7割は骨折しています!それをいままで
      ほっといて、骨がずれてくっつき始めたら大学病院などに紹介状を書いてもらって
      手術を受けないと、将来にわたって後遺症が残る可能性もあるんですよ!
      そうなったら私たちが出来ることは、ほんの僅かしかないんです!!!

うに:。。。。。。。。。。。。。すみません。


続く?

今夜のメニューでし。

c0015639_22581152.jpg


 
[PR]
by uni2323 | 2007-06-02 22:58 | その他