風に包まれて

丹沢に遊ぶ休日

今回は、前回とは逆のコース。県民の森駐車場に車を止め、鍋割山経由で塔ノ岳へ。塔ノ岳山頂の尊仏山荘に一泊して山頂で夕日に焼ける富士山と、朝焼けに染まる下界をこの目で見ることをミッションにしました。
もうすっかり慣れっこになった「丹沢名物」の鹿にも出迎えてもらいました。
c0015639_18471944.jpg


や、かっこいい事いいましたけど、登山の本当の目的、それは山頂で味わう「酒」!です。。。
鍋割山ではビールと持ち込んだ焼酎、そして名物の鍋割りうどんを楽しんできました。平日だったので小屋の管理人さん、草野さんとも少し話が出来ました。
さて、塔ノ岳には山頂から5分のところに「水場」があります。ハイ、その通り!今回の最大の目的は、その水場で汲んだ「丹沢の名水」「球磨焼酎」のお湯割りを飲む!!!







水場は「不動の水場」、確かに山頂からは「行き」は5分、しかし!ほぼ垂直に降りる、降りる!
c0015639_19244572.jpg

山荘管理人さん曰く、高低さ160m程あるのだとか、やっとこさ到着。素手で水を汲んで一口飲んでみた。嗚呼、軟水でなんて甘露なんだろう!なんの刺激もなくスコーンと喉に滑り込んでくるよ。コレでお湯割り、お湯割りぃー♪
帰りは25分かけて山頂に戻りました>疲 夕方、山頂付近の気温は8度程、ストーブでさっき汲んできたばかりの名水<丹沢不動の水>を沸かして、持ってきた球磨焼酎「武者返し」43度を戴きました。んー、んー!!最高の幸せであります!!
c0015639_1940976.jpg
えっと、、、、
「ざまーみろーっ!」

続く?
[PR]
by uni2323 | 2006-11-16 19:41 | その他