風に包まれて

<   2016年 11月 ( 1 )   > この月の画像一覧

津貫と書いて、「つぬき」と読みます。

一部のウイスキー大好き人間の間では有名な話だと思いますが、あの鹿児島の名門「本坊酒造株式会社」が長野県の駒ヶ岳山麓に「マルス蒸溜所」を開き、Whiskyを作っています。このマルス蒸溜所とニッカの竹鶴さんの繋がりは深く、ニッカ好きな私はこの蒸溜所に注目していました。

2016年、今までに無いような、所謂クラフトウイスキー工場(こうば)が日本各地で産声をあげました。多くは、今まで日本酒や焼酎を作っていた蔵の再興とも取れる復活劇ですが、中には何億も先行投資し新たなジャパニーズウイスキーの産地となり得る地に夢を結んだ会社もあります。(いずれ、訪れて見たい!)

写真のウィスキーは本坊酒造、津貫(つぬき)蒸溜所のOpeningの際に発表された1本です。
素性がわから無いのですが、香りはおとなしく、じっくり吸い込むと木桶(白檀?)の香りがかすかにします。しかし、ごくごく控えめ。口に含むとアルコールのとんがりは感じられません。だからか、酒の旨味も控えめですが、余韻は意外と長いです。トワイスアップにすると、果樹の一端が感じられます。全体的には加水することによりピーティー感が増した気がします。

これは、ふるさと納税で頂いたので、1本の単価はわかりませんがこれだけは言えます。
マルス蒸溜所は、くジャパニーズウイスキーと言う大手が綿々と培って来て確立したその世界を正当に引き継ぎながら、大手ができなかったニッチの世界を開発し、開花していくだろうと。

何故なら、最終的な消費者=呑んべいをまだ作り手でも、見れる規模だから。小さいければいいのではなく、作り手の自己満足ではなく、迎合でもなく、1呑んべいとして、自分が飲みたく、飲める(価格や希少性)酒を作りたいと、誰でも当たり前に思っていた初志貫徹ができそうだから。え?意味わから無い?..........
ああ、なんだか何時ものように酔っ払ったっす!
c0015639_2115501.jpg

[PR]
by uni2323 | 2016-11-30 21:19 | Whisky