風に包まれて

<   2013年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧

夏だ!かぶとむしだ!!

先日社員と一緒に群馬のお客様めぐりをしてきました。梅雨空ではありましたが、時折日も差し夏の暑さが近づいてきたと実感しました。

夏といえば「かぶとむし」なのですよ、これが。昨年、佐野の飲み屋さんで常連客が話していましたが、どっかの高速道路のPAでクワガタやらカブトムシがやたら採れる場所があるのだとか。私も子供の頃はクワガタやカブトムシ採集に夢中になったものでした。

かぶとむしと言えば、井上揚水の「ゼンマイじかけのかぶと虫」の歌詞が思い起こされます。多感な10代の頃は、この曲をギターで弾いていたっけ。「カブト虫、こわれた 一緒に楽しく遊んでいたのに。。。。」そんなシュールな歌詞が素敵だ。

今ならaikoの「甘い匂いに誘われた わたしはかぶとむし」の歌の方が有名ですかな?

今宵の酒は、栃木県さくら市にある仙禽(せんきん)の夏限定
純米吟醸 無濾過生酒 雄町米 磨き50% のその名も「かぶとむし」レコード(古い!)やCD等では、ジャケットの写真や絵に弾かれて買う所謂「ジャケ買い」をしたりしましたが、この「かぶとむし」は正にその「ジャケ買い」。

More
[PR]
by uni2323 | 2013-06-27 21:22 | 晩酌

スキレット、重さに価値アリ

山歩きが趣味の私ですが、山に絶対に持っていけない様な「重い」ストーブ等を買っては、山の仲間にからかわれています。極限までに軽さにこだわった「チタン」の食器や軽量テントは、私の憧れのツールでもあります。
反面、携帯出来ないくらい重かったり大きかったりする機材でも、とてつもない能力を秘めているものも一杯あります。私が知っている世界では、一眼レフのカメラとコンパクトデジカメのカメラの夫々の特徴の違い、と話せば分かりやすいかな?

そして、最近はまっているのが「鋳鉄(ちゅうてつ)のフライパン」です。「スキレット」等と呼ばれ、一部のマニアでは昔から旨い料理を作る鉄のフライパンとして根強いファンを確保しているようです。このフライパンで作る料理は、普通のフライパンで作ったそれと比べて、信じられない程の旨さを約束してくれます。最初はシーズニングと言って、フライパンの慣らし運転みたいなものが必要で一寸面倒くさいかも知れませんが、それを超した所の味を知ったら、この重さでも3000mへ担いじゃうかも!?と言うくらいの実力です。  ま、、、、火傷の一つや二つ、、、、いや、もっとかな?は当たり前の世界かもしれないので、リスクももちろんあるのですが、肉の旨味が全然違って来ます。

c0015639_0151433.jpg

[PR]
by uni2323 | 2013-06-15 23:39 | その他

今年初のテン泊

炭火料理の旨さにすっかり参った私は、ご近所に迷惑がかからないように、また火の不始末で新聞沙汰にならないように、細心の注意を払いつつ七厘生活を満喫しております。

しかし、どんなに佐野のアパートといえども室内ではやはり限度があります。思いっきり煙を気にせず「火」を楽しみたい!そー思っていましたが、やっと先週群馬県の赤城山山麓にある大沼キャンプ場で一人テン泊を楽しんで来ました。ここのキャンプ場は、基本いつでも予約無しで無料でキャンプが楽しめるのだとか。それでいて水場も完備(水が冷たくって素晴らしい!)、そしてトイレも清掃が行き渡っていて文句の付けようがありませんでした。とっても仕事が辛い毎日なので>ゲラゲラ 月曜日に休みをとり、日、月と一泊二日の酔いどれキャンプを堪能して来ました。

c0015639_2317485.jpg

テントを設営する場所は大沼湖畔の近くでもいいし、山側でもOK。空いていれば好きな場所に設営出来ます。私は湖畔の側に決めました。
c0015639_2319465.jpg

今回は、アパートで使用している七厘の代わりに、新兵器のバーベキューコンロを持ち込みました。いつもはA4サイズの入れ物に収まるくらいのコンパクトですが、アッという間に組み立てればダッチオーブンの重みでも耐えられるくらいの実用的な憎い奴です。 室内ではなかなか出来ない肉と、千葉県産の蛤も堪能しました。
c0015639_2323424.jpg

コンロは今回が初めての使用で、だからピカピカだったんですが、この夜、私はたいそうご機嫌で、だからでしょうか?酒が何時もの倍は飲めちゃいました。なので、新人のピカピカコンロ君に落ち葉や枯れ枝での煙の洗礼を命じました。ガンガン燃えてましたが、、、、翌日に煤だらけのコンロや食器を見た時に、激しく後悔と言う日本語を意識してしまいました。。。。嗚呼

この日飲んだ酒は、、、えっと、、、、ビール1リッター、日本酒300ml、焼酎25度3合、Whisky少々。私にとっては信じられない量です。でも、翌日二日酔いにはならなかったですから、やはり外飲みは体に良さそうですね。闇夜に浮かぶテントが美しいと思いませんか?
c0015639_2340415.jpg


そしていつしか記憶が遠のき、星の光に抱かれながら心地よい闇に吸い込まれていました。
翌朝は、朝からスパゲッティー食べて、とっても楽しい「お一人様テン泊」も事故無く楽しむ事が出来ました。次は福島でテン泊かな?
c0015639_23344516.jpg

[PR]
by uni2323 | 2013-06-13 23:37 | 野飲み

青春の思いで(?)

先日、釜石から盛岡を回って来ました。その際、実家でレコードを見つけて懐かしさのあまり暫く聞き入っていました。当時のステレオはもう動かなかったのですが、プレーヤーがなんとか動いたので久しぶりでレコード針をレコード盤に置く緊張を味わいました。アナログもいいものですねぇ、、、
c0015639_9383066.jpg

10代の多感な時に通った某所の図書館と池。甘酸っぱい思い出が甦りました。
c0015639_9402740.jpg


そして、三陸で採れたうにを熱々のご飯にかけて「ウニ丼」、酒のつまみには近所のスーパーで買い求めて、オヤジに調理してもらった「ホヤ」。
c0015639_9433797.jpg

いっぱい悩んでいたアノ頃、よく登った裏の山から岩手山を眺めていると思い出が走馬灯のように駆け巡っていった。
c0015639_9495746.jpg


そんな訳で>どんな訳? 新たな思い出を作るべくテン泊しに行ってきます>喜
[PR]
by uni2323 | 2013-06-09 09:50 | その他