風に包まれて

<   2009年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

生瀬富士(Namase-Fuji)の秋

11月下旬、仕事で栃木へ行くことになり、どうせなら北関東のどっかの山を歩いてこようと1日オフをとり同僚と山歩きに出かけました。
候補地はいくつかあったのですが、前日まで最終目的地が決まらないままとりあえずは茨城の袋田方面を目指したのです。
この時点で、候補は「奥久慈男体山」と「生瀬富士」の2座に絞り込まれました。最終的には、「ヤマケイ11月号」で記事にあった生瀬富士に決定したのですが、紅葉真っ最中の低山を堪能してまいりました。

下記の地図は、当日の我々のトレースを重ねたものです。今回、目指すは標高僅か420mの生瀬富士。
全工程でも4時間あれば十分と言うコースでしたが、山の楽しさは高さだけではないと、改めて勉強した気がしました。
c0015639_13534533.jpg

地図でお分かりでしょうか?コースは左下の袋田温泉側から上り始め、時計回りのコースで戻ります。
右下の「滝本」から右上「生瀬富士」の表記がある方角へ等高線が混んでいるのが判りますでしょうか?北東に向かって岩稜帯が連なり、生瀬富士山頂からは「ゴジラ」の背の様な馬の背状の岩稜帯をはっきりと見て取ることが出来ました。まるで、ミニチュア北アルプスの感でした。
c0015639_142479.jpg


More
[PR]
by uni2323 | 2009-11-28 14:36 | 山の思い出

ボジョレー解禁日に思うこと

私は今から15年ほど前、偶然に航空貨物の世界に身を置くことになり今日までその生活が続いています。
当初、私は毎日成田に日参し当然ボジョレーの狂騒曲も経験しています。
私が知っている当時は、1本が3千円近くでも飛ぶように売れていた記憶があります。

そのうち、ヌーボーも一般的になり徐々に11月第三木曜日も知られるようになってきたのかナァとも思われますが、今年はその価格に驚かされました。
c0015639_2213477.jpg

今日我家が買い求めたのが、1本980円のものと1本1,180円の2種類でした。本当は890円のものを欲しかったのですが、家人が買いに行った14時過ぎには、その最廉価のワインは売り切れだったといいます。

TVでは安くなった理由としてボトルをペットボトルにすることにより運賃を安く出来た事を報じていました。
写真のWineのボトルは、通常のガラスより軽い気がします。計ってみると中身が入っている状態で1,080gでした。ペットボトルのWineは810g、その差はなんと!270g/ボトル もありました。

ありえない事です、もしWineボトルをそのまま飛行機に積んだ場合、いったい何本搭載できるのか不明なのですが、1本あたり270gの差は凄いでしょうねぇ。
また、航空便では「実重量」とは」別に「容積重量」を適応します。これは、例えば鉄1kgと綿1kgを運ぶ場合、重量は同じでも搭載に必要な空間がまったく違うので、実重量と容積重量を比べて、重い方を請求できると言うシステムです。
Wineの場合、容積重量は分母を5000にしても6000にしてもいずれにしても実重量より遥かに小さいのでこの実重量を軽く出来たのは素晴らしい事だと思います。

一ヵ月後に到着する船便のボジョレーより、空輸のこのボジョレーのほうが安かったりして>あり得るよね


追加
もし生産者にコスト低減を強要した結果がこの値段だったとしたら、、、、
じっくりじっくり見守って行きたいですね。
[PR]
by uni2323 | 2009-11-19 22:13 | 晩酌

休暇は続くよ、どこまでも(?)

天気に恵まれない今回の休暇であるが、そのおかげでゲーム三昧の毎日ではある>苦笑
もうすぐ200時間を越えるのに、まだまだ死んでばかりで、特に魔法に特化したキャラであるので黒ファントムに侵入されると瞬殺されてしまうのだ>絶望
それでも、どんなに辛くとも頂を目指して喘ぎながら歩く登山家の心境で(?)まだまだキャラ育成に励む毎日です。(爆笑)

私が好きな立川志の輔さんの「ハンドタオル」と言う落語に「~したつもりで」と言うことをいつも言うお父さんが出てきますが、我家も「何々したつもりで、何々を買う」ってよくあります。

天気が悪いので何処にも行けないので「山に行けばこれ位は使うよねぇ。だからいったつもりでその分で蟹でも食べようか?」となったわけです。
本当は北海道産蟹!とか思ったのですが、我家の主計担当者が選んだのはロシア産の冷凍タラバでした>哀
c0015639_10383254.jpg

酒担当者の私は、宮城の日本酒を選択。
c0015639_10402658.jpg

蒲田の酒屋でみつけたのですが、この酒は口に含むと薫り高い風味が広がります。キレはあまり無いように感じられますが、意外や意外 燗にすると香りが柔らかくなりキレもまして来ました。
旨いです。この次は普通の純米を試してみたいと思いました。
c0015639_10481896.jpg

大山の敵を大森で。湯豆腐は大山豆腐で
c0015639_10501189.jpg


近くのスーパーで熊本フェアーを行ってました。
辛子蓮根もいいつまみですねぇ。
c0015639_105217.jpg


明日は890円のボジョレーで乾杯かな?
[PR]
by uni2323 | 2009-11-18 22:49 | 晩酌

大山豆腐、食べられず>涙

この時期、定例となった有給消化の為に数日間の休みをとりました。天気予報だと、15日の日曜日が好天とのことで、伊勢原からバスに乗り「大山詣で」をしてきました。

家を6時前に出発、伊勢原の駅についたのが8時過ぎ。北口のバス停に着いたときには、既にバス待ちの列が30m以上も伸びていました。
満員のバスに30分も揺られながら、やっとのこと終点のケーブル駅口に。
ピーカンの天気に、人でも物凄いです。それと、どうやら七五三も重なったみたいで、、、、

写真は20丁目の富士見台より
c0015639_1115480.jpg

この大山登山ですが、結構辛いです。舐めてかかると翌日は筋肉痛に悩まされることでしょう。

c0015639_1175718.jpg

山頂も凄い人、人。
ラーメン、おにぎり、ハイボールでお昼を楽しみ、15時前に下山したのですがどこの豆腐料理やさんも予約で一杯でした。
肩を落としながら家に戻って、大山の水で焼酎を楽しんで。悔しいので、帰りのスーパーで一番高い豆腐を購入して、奴で楽しみました。
大山で食べたら一人分3,000円はかかった豆腐料理でしたが、スーパーなら一丁 165円でした>涙
c0015639_11255093.jpg

[PR]
by uni2323 | 2009-11-15 21:45 | 山の思い出

HondaもToyotaも何故判らぬ!

金が湯水のごとくかかり、日本市場ではなかなかROIが少ないF1への挑戦。
果敢に挑戦したHONDAとTOYOTAにはいちF1ファンとして感謝する気持ちはある。

だけど、何故撤退をシリーズ終了後に本来のチームとは別のチャンネルで唐突に発表するのだろう?
この2チームとも、金は日本の母体が出し、実際はヨーロッパにあるF1部門のチームが運営するという手法をとった事は共通項。
当たり前だが、日本にチームの工場を置いても、ヨーロッパ主戦場のF1にはなにもメリットがないので、ヨーロッパに活動拠点を置くのはあたりまえ。

だから、HONDAの最終戦も、今回のTOYOTAの最終戦になったアブダビでも、彼の地で一生懸命働いていたTeamの彼らにとっては寝耳に水だったはずだ。ましてやアブダビではTOYOTAのメンバーは、小林の走りを見て”来年はいけるぞ!(ま、それほど甘くは無いって事はTOYOTAがよーく知っていることですが)とは思ってもまさかアブダビがTOYOTAにとって最終レース(きっと未来永劫)になるなんて思ってもいなかったろうなぁ。それって、チームへの背信じゃぁねーの?
レース途上で撤退を表明したBMW。モチベーションの低下を懸念したが見事な最終戦でした。それに引き換え、TOYOTAやHONDAの去り方って卑怯じゃね?

TOYOTAがこの時期撤退を発表するって事は、小林のPerformance以前に撤退が日本の首脳部だけの間で決まっていたってことだろう?

同じような経緯をたどった2チームではあるけど、何故にTOYOTAがこれほど冷ややかに受け止められているか、彼らは気づく事ができる日はくるのだろうか???
[PR]
by uni2323 | 2009-11-05 01:07 | F1な事

気持ちだけは

休日の朝、窓から差し込む太陽の光で目が覚めた、7時だった。
ベランダに出てみたら、とても寒かった。
c0015639_2159362.jpg

我家からも冬の晴れた日に、あの富士山を見る事が出来る。

天気が良い1日でしたが、私は一歩も外に出ないでTVを見たり、ゲームをしたりで晴れた休日が過ぎ去っていきました。
今やっているGameはデモンズソウル、究極のマゾゲーと言われるPS3ゲーム。Play時間は150時間を越えている。ナニゲニ私、ゲーマーです>苦笑

TVでは北アルプス縦走の再放送をやっていて、またまた魅入ってしまった。今月は山に行くぞ。
c0015639_22164415.jpg

[PR]
by uni2323 | 2009-11-03 22:16 | 晩酌

11月ですねぇ

帰り道、葛西JT付近で一瞬雹がパラパラ車の窓を叩いた。外の気温は5度と表示されていた。
帰宅して熱燗と切り干し大根でほっと一息つく。
c0015639_8244072.jpg

TVに映し出されたF1-アブダビGPの録画を見ながら「今年も終わったなぁ」、色々ありすぎた>苦笑 2009年F1レースに思いを馳せる。

まったく個人的にTOYOTAを無邪気に応援は出来ない私だし、これまた個人的に小林 可夢偉を好きであると言えない私でもある。しかし、アブダビGPで見せた彼のレースは、中嶋を心の片隅で応援してきた私にしても久々に好き嫌いは別にして「よっしゃ!」と心から楽しめたGPとなった。

来年はレース中の給油がなくなり、見た目の順番でレースが進行する事になり純粋にレースを楽しめることになるだろうが、私は各チームのピット戦術の醍醐味が大好きだったりした。
ドライバーのラインナップも大幅に変更される2010年のF1を楽しみに何度もVを繰り返し見続けました。

夜も更けた頃、山と渓谷 11月号をパラパラめくりながら大好きな青鹿毛のお湯割をユルユルと。
新しい家族が増えたと聞きましたが、柳田さんの笑顔を思い出しながら幸せな気持ちに酔いました。
c0015639_850124.jpg

[PR]
by uni2323 | 2009-11-02 23:19 | 晩酌

近所の蕎麦屋(そばそば?)

我家から歩いてJR大森へ向い、ハローワークのまん前に一風変わった店構えの蕎麦屋さんがある。
店の軒先にはかなりお高い値段のメニューが置かれていて、なかなか入るのには勇気が要ります。
c0015639_1133713.jpg

先月の食費に、ほんの僅かですが余剰金が出たとの事だったんで、意を決して行って見ることにしました。

店内は司法事務所を改造したと言うだけあり、蕎麦屋さんとは異質な空間です。バロック調の音楽が流れ、テーブルは小気味良く整理されていました。
ビールには揚げ蕎麦が付いてきます。大好きな蕎麦がきと天婦羅盛り合わせ、そして日本酒は山形の山法師を。
c0015639_11493686.jpg

ここのそばがきは、是非試してみてください。適度に弾力あるそばがきを漬け汁につけて食べると、蕎麦の香と抜群の喉越しを楽しむ事が出来ます。旨い!

More
[PR]
by uni2323 | 2009-11-01 12:06