風に包まれて

<   2009年 10月 ( 4 )   > この月の画像一覧

なな-しぐれ-やま

漢字で書くと「七時雨山」なのである。
なんと情緒豊な山名なのであろうか?今回の東北山行にあたり、隊長から聞かされた登りたい東北の山で、この七時雨山の名前を初めて聞きました。

岩手出身の私が、この年になるまで聞いたことが無かった七時雨山は、思い出多い山となったのでした。

まず、登山口ですでに我々の心を鷲掴みにしちゃってますし、七時雨山!
c0015639_20112973.jpg

写真の様に、登山口のゲートを開くと、、、、、

牛   だよ。   それも 見事に群れてるよ!>絶対無理
ゲートを開けると、一斉にこちらを睨みながら
「ブモォー!」とか「ゴヮーブーッ!」って「威嚇してくるんだよ、、、
怖いです、お母様。


c0015639_20223758.jpg

引きつった笑顔を残しながら、隊長は草原に旅発ったのである。

その後を、牛さんの視線に曝されながらゆっくりと歩く隊員2名。 牛の存在感と、牛が確かに食べていた証の巨大な存在感に慄きながら、やっとこさ登山口に到着した時、まさにその時に最初の「一時雨」がやってきたのでした。

More
[PR]
by uni2323 | 2009-10-25 20:49 | 山の思い出

空に吸はれしXXの心

昨夜は我々の他に小屋泊まりの登山者はいなかったので消灯時間の20時過ぎまでワイワイやっていました。我々以外の何者かの気配を敏感に感じ取った私は、きっと深い酒の世界に迷っていたのでしょうか?

朝、太陽の光を窓越しに感じて起床。あわてて外に出ると、雲の切れ目から青い空が顔を出している。
「やった!頂上アタックが出来る!」
はやる心を抑えて、皆を起こす。隊長、意外と朝は苦手な様子。ま、日頃かなり多忙な生活だから無理も無いかな?
朝食をとって、必要な荷物だけをもっていよいよ頂上へ向かいます。
しかし、写真の様に出発時間には山は雲の中にすっぽり隠れていました>哀

c0015639_10391638.jpg

気を取り直して、1.7km先の頂上を目指して出発です。捨て身空身だと、こんなに楽なんだなぁと、昨日まで担いでいたザックの重さを改めて思い知らされました。

c0015639_10411880.jpg

8合目から9合目まではなんなくクリアーしたのですが、9合目からはザレザレの急坂です。富士山の登りを彷彿させる登りに、強風と横殴りの雨が追い討ちをかけます。隊長、K田隊員、私の順番であがって行きますが、5mも離れると隊長の姿はもう見えなくなる位の視界の悪さ。
やっとお鉢巡りのところまで到着したのですが、火口底すら見えません。

途中、強風で倒れていた石仏を直してあげてこれで少しはご利益があるか?とも期待したのですが、頂上付近ではこんな感じでした>涙
c0015639_10513632.jpg


More
[PR]
by uni2323 | 2009-10-17 11:41 | 山の思い出

雨にも負けず、じっと手を見た。

10月2日から、我 山岳部のメンバーは、初の東北遠征を敢行した。今回は仕事の山に迷ってしまったY氏は参加できなかったが、K田山岳部新人隊員、初の山小屋デビューを果たしたのだった。

今回の山は、岩手山(2,038m)と七時雨山(ななしぐれやま)の2山。 岩手山は、私が青春真っ盛りの時期に約3年暮らした滝沢の実家から、毎日朝に、夕に仰ぎ見ていた山である。

そして七時雨山は、我 隊長が想いを寄せていた山であったのだ。

岩手山は、標高僅か2,038mながら、どっしりとした山容であるからいくつもの登山コースが整備されている。当初は「馬返し」コースを予定していたのですが、急遽「七滝コース」を強烈に推挙してみたのだが、そのことが大正解であることを、僅か登山開始1時間で実感するのであった。
凄いぞ!七滝コース!!

c0015639_1944782.jpg

悪天候の為に、途中でGPSの電波がロストしたり雨の影響を考えてコース途中でGPSを切ったりしたので、全てのコースを振り返ることは出来ませんでしたが、9合目非難小屋までのトレースが上の図です。
走行距離は長いですが、変化に富んだ素晴らしいコースです。ただ、コース中盤の大地獄付近は大変ワイルドなので、しっかりした装備で入るのは勿論ですが、単独行では入らないほうが良いかと思いました。

More
[PR]
by uni2323 | 2009-10-12 19:58 | 山の思い出

今宵は、東北祭りだ!

先週末、岩手の山に登ってきました。天候に恵まれたとは言いがたい山行でしたが、もの凄く、ものすごーく!楽しい日々でした。
で、その間は飲みすぎていたので暫し酒を控えておりましたが、金曜日の夜です!今夜は飲んじゃいます!!
c0015639_10452930.jpg


ビールは、杜の都 盛岡のベアレンさんのALT。枝豆は、滝沢産。この時期ではあるが、甘みがあり豆の旨みをしっかり感じられる路地もの。

ベーコンは、帰りのPAで買い求めた宮城産の一品。これ、物凄く旨いんです。初めて買ったのですが、癖になりそう。ベーコンの横の青は、実家産のピーマン。 もう、幸せな晩酌です。

c0015639_1050139.jpg


酒は、鷲の尾の「秋あがり」。今回の山の一つが岩手山だったこともあり、皆がそれぞれの鷲の尾の日本酒を買い求めてました。
夕飯を頂いた海ご飯しまかさんで鷲の尾を頂いたのですが、皆が「旨い」!と何本もおかわりをして、お土産品に決定したのでした。
実際に地元で飲んでみるって事は、素敵な事ですよね。

近日中に、山の思い出をup出来たらと、思っております。
[PR]
by uni2323 | 2009-10-09 23:55 | 晩酌