風に包まれて

<   2008年 09月 ( 5 )   > この月の画像一覧

Singapore、発進

大詰めを迎えた2008年のF1.
いよいよ待ちに待ったF1シンガポールの予選がたった今終わった。ヨーロッパで行われるF1の予選は、日本時間で21時から行われる。時差がそれほど無いシンガポールの予選は、そのヨーロッパより遅く始まった。。。。そう、F1初めてのNight Race,F1-Singapore開催の瞬間だった。
遠景でのレース場は、いままでに無い位、「絵」になる素晴らしい光景だった。オンボードカメラから写される光景は、激しく上下に揺れる「バンピー」なコースと、90度ターンのコーナーの凄さを思う存分伝えてくれた。

ヨーロッパ市場に向けたアジア地域でのナイトレースのF1、この流れが主流になりませんように!
もともとエコとは対極にあるF1,あの照明でCO2問題を指摘されるんだろうなぁ、、、等と思いながら、結構楽しめました。明日の決勝、とーっても楽しみです。
[PR]
by uni2323 | 2008-09-28 00:45 | F1な事

部外者であり、応援団でもある私。

今日、お休みだった。腰をちょっと痛めたので、朝からジトーっと家でGameやらTVをみたりして過ごしたんだけど、所謂「汚染米(日本語?造語?)」の報道と「力士の大麻疑惑>疑惑?」のUp Dateが多く見られ、通常は仕事でTV等見られない勤め人の私としては、ナルほど、報道の威力って凄いなぁっと改めて考えさせられました。

私はお酒が大好きですが、所謂業界とはまったく関係が有りません。大好きな酒蔵にお邪魔することや、個人的に応援する蔵はあっても、有名なHP等で「蔵元も被害者である」と言うスタンスにはまったく同意できない、ごく一般的な焼酎好きオヤジに過ぎません。
結果的に「健康に影響を及ぼす値が出なかった」事は、本当に胸をなろおろす事ではありますが、大前提に、その発表された検査報告結果が本当に信頼できるのか、検査方法が「公明正大」であるのか?一度崩れた信頼の上に乗っかった情報を鵜呑みにはなかなか出来ませんね、私は。

Netでは専門的な知識を振りかざし、それだから「問題ない」とか、それだから「問題あり」だとかの情報が氾濫していますが、私は旨い酒が飲みたいのであって、科学的なことはなんにもわからす飲んでいます。飲む側に不安があれば商品は売れないでしょう。
しかし、その不安に対して製造側は、「私も被害者です。」と言う言葉で問題を転嫁するような発言に終始している気がし、私にはそんな説明されても、不安を払拭させる事は到底出来ないとと感じています。

材料(芋、水など)に拘っていると企業理念を色々な機会で発信し続け、だからこそ市場で大きなMarketを獲得した鹿児島の「西 酒造」への私を含めた消費者の疑念に、製造責任者として情報を開示する義務があると考えることは間違っているのでしょうか?
(他に比べて、安いものは、安い理由が必ずあるのです。それは大手であっても、個人の消費であっても同じセオリー。”幸運”にも「目の前にあるものが、同等以上の質で今までよりもはるかに安いハズはないのです。それは、流通に関わったものなら”絶対に”理解していることです。それを知っていながら手にしたという事は、”確信”しているということです。もし、汚染米が通常の米より遥かに”高価”で、だから品質に優位性があると思い購入したとしたら、”プロとして失格”と言う事です。)

勿論、大多数の蔵元は今回の事件とは無縁であることは事実です。だからといって議論も情報も公にしないで、とにかく蔵元は悪くないと言うスタンスだけで、本当に製造責任を問わない地元焼酎ファンの存在は、全国展開をしている業界に麻薬的な心地よさを与えることはあっても、本質的な病理に対峙し、病んでいる蔵元自ら進んでメスを入れる事をしない言い訳を与える愚行であると私は思います。

業界は「風評被害」があったとして法的な動きもありとNewsでは伝えています。個人的には「蒸留酒」の焼酎への影響は無いものと勝手に思っていますが、これすら根拠が無いこと。
今までも西 酒造はバニラ香等の疑惑に対して私が知る限り「製造業」として、説明責任を果たしてこないこともあり、業界内部の都合が悪いときには消費者に説明しない体質を変えない限り、この未曾有の危機を乗り切っても、未来にさす光は現れないであろうと、今日も九州の焼酎を飲みながら勝手に思っています。

うに
[PR]
by uni2323 | 2008-09-17 22:00 | その他

奴は本物。

F1の歴史に新たなPageが刻まれた。誰もが、その瞬間に立ち会えた事への喜びを爆発させたイタリア、モンツァ。
いくらレッドブルのジュニアチームだからといって、実質プライベーターのトロロッソ。HONDAの身勝手で生まれたSAF1とは、生い立ちが違う。片やレッドブルの潤沢な資金とフェラーリのエンジンを手に入れたイタリアのプライベーター「トロロッソ」、片や「HONDA」のご都合主義でアグリさんを擁し「佐藤琢磨」のチームを作り上げたダケのHONDAに翻弄されたSAF1。
頼むからトロロッソのエンジンが来年度からH製になんか絶対になりませんように。
c0015639_2355381.jpg

特別な夜に、特別な酒で、乾杯!
[PR]
by uni2323 | 2008-09-14 23:56 | F1な事

トロロッソ、駆け抜けた!

イタリアGPが行われている今週末。予選で、大波乱が生じた。
雨で運、不運がきっちり分かれた予選Q2.この結果が、史上最年少のポールシッター誕生に繋がったと言っても過言ではないだろう。 雨は、F1を下克上の世界に誘う。

セバスチャン ベッテル、ドイツ人 21歳。チーム力の違いがあるので、明日のFinalではどこまで食い込んでいくか見ものですが、このチームの前身が「ミナルディー」である事に、「スゲー!」と思わず叫んでしまいました。
Kazuki,予選でもっと存在感出さないと2009年も微妙になりそうな気がするのは私だけではないだろう、、、、
[PR]
by uni2323 | 2008-09-13 23:23 | F1な事

レッドブル、駆け抜けろ!

久々にF1サイトに佐藤琢磨さんの近況が出ていました。詳しくは

            
   琢磨、トロ・ロッソのテストドライブが正式決定!

トロ・ロッソとは、2005年、当時の「ミナルディ」をレッドブルが買収し、レッドブルのジュニアチームとしてF1に参戦したチームで、ゲルハルトベルガーが共同オーナーを務めているチームです。

もし、テストの結果がよければ今年秋の日本GPに、トロロッソからスポット参戦もアリか?なんて先走りの憶測も聞こえてきますが、是非!決まって欲しいものです。

もしトロロッソのシートが琢磨に決まったら、私はレッドブルを飲み続けることを、ここに誓います>爆
そして、未来永劫H@NDA車とは関わりあわないことも、改めてここに誓います>爆笑
[PR]
by uni2323 | 2008-09-02 23:22 | F1な事