風に包まれて

<   2005年 01月 ( 10 )   > この月の画像一覧

楽しかった喜界島、大好きになった島の酒。 

c0015639_21512093.jpg

先日、奄美大島と喜界島へ「黒糖焼酎」を訪ねる旅をしてきました。 友人が少ない私はいつもなら一人旅が多いのですが、今回は凄いメンバーでした。どんな風に凄いかって?おそらく彼らの焼酎や、焼酎を作り出してきた気候風土、歴史に対しての愛のある探究心はそのの望郷オヤジがどんな命のそりゅーしょんを提案したところでかなうはずも無いくらい深く、同行出来た私も「そこまで深い質問って、、、あんた達ナニ者?  凄すぎるよ、脱帽だよ。」って位凄かったです。

そんな楽しい旅を終えて宿題の一つ、東京で飲んだ焼酎と蔵元や現地の酒屋さんで飲んだ焼酎の味の違いが私の幼い味覚から来ていたのか、製品のブレだったのか確認すべき私の住む地元の酒屋さんにお邪魔した。ここは、私が愛する「日南娘」が常時在庫されていたり、暁の35度が普通にあったり。。。。。でも、店主は顧客の顔を覚えてないんだよなぁ、何度いっても「はじめまして」って感じで会話が始まるし。
今回、ムスコさん(私はこのムスコさんの焼酎への関心には感心していましたが。)、私が黒糖焼酎の前で思い出に浸っていたら声をかけてくれました(これがいけなかったんですが)

酒屋のムスコ      「黒糖は”どうしても雑穀が混じってますから”」 
うに            「 へ!? 雑穀ってなんですか?」  
ム  「あ、いや、、、ほらm米とか、、、そうそう!麦が混じってる!」
う   「麦???俺、今回5蔵お邪魔したけど麦の”む”の字も置いてなかったぞ!>怒」
ム  「ヘラヘラヘラ、、、、いやぁ黒糖もなかなか流通しないで、奄美でも”沖縄産”の黒糖を使用しているハズですから。。。。>ムニャムニャ

うに  ”こいつ、なーーんにも勉強してないし黒糖焼酎を造っている蔵元さんに恥ずかしい位知識ないし、それ以上に”こんなアホなムスコに紹介されなきゃならない酒の本当の姿を誰が伝えられるのだろうか?って考えたら、このことは伝えなきゃならないとオモッタッス。
酒を扱ってる皆さん、ノンベイは騙す対象じゃないし、素人になんか言われたら”とりあえずでたらめ言ってその場を繕”んではなくって”真摯”に自分の情けなさを認識してください。

蔵元に大変失礼ですよ、そこの「酒屋」さん?
[PR]
by uni2323 | 2005-01-25 22:47 | 晩酌

Kikai島での想いでを

c0015639_16162152.jpg

[PR]
by uni2323 | 2005-01-23 16:16

今、奄美に来ています。

c0015639_14232116.jpg

笠利崎灯台で風に煽られています(爆)天気は悪いけどそのぶんワイルドです、イヤ ワイルド過ぎます。(涙)
[PR]
by uni2323 | 2005-01-20 14:23

長崎ですよー!

c0015639_2272125.jpg


うぅーーーーん、びっくりするくらい旨い。この蔵も「正調 粕取り」を生産しているという。
長崎、恐るべし。。。。
[PR]
by uni2323 | 2005-01-18 22:09

鴨、カモぉ~!

c0015639_2244279.jpg


先日K田のお店で食した「鴨鍋」、激ウマスープに感激して本日我が家でもカモォ~!
やってみました。イヤァ、鴨ちゃんのスープなんでこんなに濃くて旨いんだろうねぇ???
鍋にあんまり合わないかなぁ?と思いつつ開けたのは「花泉」のにごり酒。いや、世の中には旨い酒、いっぱいあるよねぇ~!

東京ではあまりにも有名なこの銘柄も地元福島では店さえ選べば「定価」で買える地元の酒です。>あたりまえだよね。
[PR]
by uni2323 | 2005-01-15 22:05 | 晩酌

九州の日本酒

c0015639_2337229.jpg


今日の晩酌は長崎の「日本酒」でした。これは友人Y氏が長崎に里帰りした際に自ら飲んで納得してお土産にしてくれた品です。ほぉー、長崎にもこげなうまか日本酒があったとバッテンね?などど、ネイティブの方が見たらはったおされそうな台詞を言いながら飲んでみました。

やっ、銘柄が「みずの光彩(きらめき)」といいますが、その名の通りすっきりしていて、んでも純米酒の安心する米の味わいがゆっくり甦ってくるかなりの名品と思いました。 うまいなぁ~。
[PR]
by uni2323 | 2005-01-12 23:52 | 晩酌

蔵へお邪魔すると言う事は

c0015639_22595482.jpg


私は非常に思い込みが激しかったり、自分の中で勝手に感情を処理したりする頻度が私生活では多いのかもしれない。あくまでも「私生活で」と謳った理由は、ほんのチョッピリ自分への保身かもしれないが。>苦笑
だから蔵元にお邪魔する機会は今まで結構あったのかなぁと思いますが、今もって宮崎と、壱岐や球磨地方のごく限られた蔵元への見学だけで満足しているのかもしれないです。

何故蔵元へお邪魔するのかと尋ねられたら「飲んで旨かった酒の、生まれた現場をこの目で見てみたいから。」とありきたりの事を答えてしまうだろう、だってそれが本心だから。
でも、だからといって「お蔵元様」なんて変な日本語使って崇めたてたり、逆に@@@ちゃんとかお友達感覚で「親しさだけに浸ったり」することは絶対に避けるぞ!と蔵元を訪ね始めたときに自分の中でルールを漠然だけど決めた覚えがある。

正直、一番の理由は「その酒」を飲もうとボトルを眺めて手に取ってみたり、なにかの機会に蔵を案内してくれた蔵元のご家族や杜氏の顔を思い出したとき、作り手や蔵を守る人々を知る前の酒とは比べ物にならないくらい旨い酒が飲めることに味をしめた事が現場へお邪魔する俺の一番の「言い訳」になってると思うなぁ。宮崎の飫肥を訪れた2年前、友人Yと潤平さんと私で出来立ての焼酎を詰め込んで近くのお店でスンゲー楽しく飲んだアノ晩からこの酒は私にとって大切な大切な酒になったのですよ。

あっ、この酒。勿論ちゃんと定価で買ってますよ、普通のお店で>爆
[PR]
by uni2323 | 2005-01-11 23:30 | 晩酌

髪切り虫やーーい。

c0015639_1911844.jpg


私は結構長髪だったりします。別に髪型に思い入れがあるわけではなく、短い髪型でも一向にかまいません。坊主頭も手入れが簡単なら抵抗無く出来ます。しかしながら、床屋さんへ行くのが大の苦手、って言うか嫌いです>キッパリ
知らない人に頭をいじられたり、ヒゲそりの際に他人の指が唇へ触ったり、なによりも鏡を見ながら貧弱になっていくわが身を確認しつつ知らない人と天気の話なんかしたくないんですよね>爆

10分1000円でカットしてくれるところが出来た時には、そりゃーもう!小躍りするくらい喜びましたとも!髭剃りも、洗髪もなく10分で髪を短く出来る!やっと私が望んだ理想の床屋が世に出現したんだと感涙にむせんだものでした。しかし、同じ思いをしている人が多いのか、はたまた1000円が魅力なのか、近くの1000円床屋さんはいつ行っても満員御礼、またまた床屋難民になってしまった私でした。

3連休最後の夜、35度の焼酎を直燗で。流石に35度はキキマスねぇ。焼酎の塊が胃に落ちていく時の体の中から味わえる旨さ、毎日だと体持たないけどいいもんですね。
[PR]
by uni2323 | 2005-01-10 19:24

3連休の初日は充実した日。

c0015639_2284546.jpg

今年初めての外食は、一番お気に入りのK田のS。親友のY氏と我が家で旨いお酒に心暖まる料理の数々。楽しい時間と愉快な会話で心は充たされ行く。店主とスタッフの心遣いに杯がススンデいくよ。そんな素敵な時間を一緒に過ごしてくれた家族と我が友に、最大の感謝です、ありがとうね!

c0015639_22101394.jpg


伝説の酒屋さん、小林さんが本を出版しました。正直言って「何を今更焼酎本?」って思ってましたが、TSUTAYAへ出向いて実際に手にとって読んで見ました。 今までの写真とありきたりの解説文とは明らかに一線を画した一冊に、速攻で購入してきました。
我が家にはここで取り上げられている55銘柄はあまり無いのですが、今までにはない新鮮で驚きの情報てんこ盛りの1冊、流石は伝説の男です>爆
皆さん、本屋さんで実際に手にとって読んで見ましょう!思わず「へぇー!さすがプロだぁ!」って思うとおもいますよ。>ニッコリ
[PR]
by uni2323 | 2005-01-08 22:35 | 晩酌

最近、すぐ寝ちゃうな>苦笑

c0015639_9172748.jpg


暮れからずーっと毎晩飲んでますが、いつの間にか寝ちゃってる毎日です。ま、もともと飲める体質ではないので(両親はじめ、殆どの親族が下戸の一家ですから。)急激な体質変化って訳でもないんですが、もうちょっとアルコールに強かったらよかったなぁ。

3日しかなかった正月休みもアっと言う間に終わり、いつも通りの生活が当たり前のように過ぎて行きます。このあたりまえが、なにかあるととても幸せだったのだと気づくのでしょうね。今年は昨年より優しい年であって欲しいものです。

今年の希望としては夏に青ヶ島へ渡って、あの港の中で泳いでみたいな。獲れたての海の幸をつまみに風に吹かれながら三宝港で島酒を飲んで幸せに浸りたいものだ。どなたかご一緒しませんか?遥かなる南のかの島へ!
[PR]
by uni2323 | 2005-01-07 23:29 | 晩酌