風に包まれて

津貫と書いて、「つぬき」と読みます。

一部のウイスキー大好き人間の間では有名な話だと思いますが、あの鹿児島の名門「本坊酒造株式会社」が長野県の駒ヶ岳山麓に「マルス蒸溜所」を開き、Whiskyを作っています。このマルス蒸溜所とニッカの竹鶴さんの繋がりは深く、ニッカ好きな私はこの蒸溜所に注目していました。

2016年、今までに無いような、所謂クラフトウイスキー工場(こうば)が日本各地で産声をあげました。多くは、今まで日本酒や焼酎を作っていた蔵の再興とも取れる復活劇ですが、中には何億も先行投資し新たなジャパニーズウイスキーの産地となり得る地に夢を結んだ会社もあります。(いずれ、訪れて見たい!)

写真のウィスキーは本坊酒造、津貫(つぬき)蒸溜所のOpeningの際に発表された1本です。
素性がわから無いのですが、香りはおとなしく、じっくり吸い込むと木桶(白檀?)の香りがかすかにします。しかし、ごくごく控えめ。口に含むとアルコールのとんがりは感じられません。だからか、酒の旨味も控えめですが、余韻は意外と長いです。トワイスアップにすると、果樹の一端が感じられます。全体的には加水することによりピーティー感が増した気がします。

これは、ふるさと納税で頂いたので、1本の単価はわかりませんがこれだけは言えます。
マルス蒸溜所は、くジャパニーズウイスキーと言う大手が綿々と培って来て確立したその世界を正当に引き継ぎながら、大手ができなかったニッチの世界を開発し、開花していくだろうと。

何故なら、最終的な消費者=呑んべいをまだ作り手でも、見れる規模だから。小さいければいいのではなく、作り手の自己満足ではなく、迎合でもなく、1呑んべいとして、自分が飲みたく、飲める(価格や希少性)酒を作りたいと、誰でも当たり前に思っていた初志貫徹ができそうだから。え?意味わから無い?..........
ああ、なんだか何時ものように酔っ払ったっす!
c0015639_2115501.jpg

[PR]
# by uni2323 | 2016-11-30 21:19 | Whisky

北海道で探し求めたものは

昨年訪れた稚内が思いの外心に残ったので、今年最初の旅行は憧れの地、余市を含む小樽、札幌、登別を巡るバスツアーにしました。

登別では、観光地にやってきた観光バス12台中、11台が外国人観光客で占められていた。あの時ですらそんな感じだったから、春節真っ只中の今ではどんなになっているのかなぁ?>遠い目
(写真は、雪が舞い散る小樽の運河です。)
c0015639_10453281.jpg


そんな中、今回探したものはマルちゃんの「Wラーメン」とニッカ余市工場で買えるかもしれないと事前リサーチした余市限定のウヰスキーの二品。Wラーメンはそんなに難しくなく買えるだろうと思ってましたが、コンビニを何店も回ったけど見つけられなかった、、、、、何故??このラーメン、大好きなんだけどナーーーー。

More
[PR]
# by uni2323 | 2016-02-06 11:12 | 旅の思い出

モヤモヤ感は増す増す

単身赴任だった前職場から今の所へ転勤して、早 半年が過ぎました。生活基盤は大きく変化し、通勤手段は20年以上続けた車通勤から、電車通勤に変わりました。東京方面から横浜方面への通勤なので、おかげさまで地獄のような通勤ラッシュにあう事もなく、電車の中では本を読みながら座って通勤しているという、贅沢この上ない環境を享受しております。

最近はちょっとペースダウンしていますが、それでも週に2冊の本を楽しく読んでおります。勢い、駅前の某Tsuta矢へは足繁く通っているのですが、最近の本の売りは「映画化決定!」だとか、「ドラマ化」とか、私にすればその帯の売言葉が、「ぜってー買わない!」私の天邪鬼気質を刺激します。ま、なんとか大賞!とかとどう違うのか?と言われたら返す言葉もないんですが。

ちょっと高くても、お気に入りのブックカバーを愛用してると本への愛着も少しは深くなるかもです。
c0015639_2043339.jpg

[PR]
# by uni2323 | 2016-01-20 20:04 | 晩酌

吉田 だ。

最近、居酒屋やディープと言われる佇まいの飲み屋さんを紹介する番組をよく見かける気がします。
以前は、月曜日に休肝日を設けていて、その私が垂涎の思いで見ていたのがBSの吉田類さんの番組でした。でも、紹介される地域は私が住んでいる所から遠かったり、見るからに一見の客が入れる雰囲気でない、そんなお店ばかりでした>苦笑
そんな訳で、私はその紹介されているお店には行ったこともなければ、この先も行く機会など無いだろうと思っていました。

そして、数年前からそこに「ある」事は知っていましたが、あまりの佇まいに(爆笑)前を素通りしていた居酒屋にひょんな事から行く機会を得ました。その店がここです。
c0015639_1735830.jpg

家から徒歩で6分、劇近のその店は開店直後から常連さんがやってきます。18時過ぎには満席状態になる事も珍しくありません。カウンターに詰めて7〜8人、テーブルが2つと小さな小さなお店です。焼き鳥がメニューにありますが、なかなか出てきません。焼いている所を見た事が無いんです。
でも、料理は絶品で安く、なんてったって店主がユニークで楽しいのです。

決して小綺麗な店では無いのですが、地元の飲んべいに愛されている店。由緒正しいかなんて知らないけど、そこのお店に行く時には「ワクワク」しちゃうんですよねー。

偶然でしたが、吉田類の番組と、その女性バージョンの番組でも紹介されていた店でした。店内にはサインとか、まったく飾ってないのでわからなかった。

More
[PR]
# by uni2323 | 2015-12-27 17:48 | 晩酌

鈴鹿にF1が帰ってきた

この週末は、鈴鹿でF1 GPが開催されている。今年のF1は、私個人的には色々な事が残念な事が多く
長年契約してきたスカパーも解約してしまっているのでなかなかLive中継で見る機会はないのですが、
結果だけはちょくちょく確認しています。

雨の決勝になれば、メルセデス独占の表彰台にも変化があるのかもしれませんが、観戦している人にとっては
秋空の下のレースが一番ですよねー。ビールなんか、片手にしながら!
マクラーレンホンダは、この時期になっても完走出来ないレースが続いたりしていますがね。

流石に参戦1年目からボディウムに立てるほど甘い世界ではないので、完走出来ないのは予想外ですが
今の位置は想定内なのではないでしょうか。客観的に見て、来年になれば飛躍できると思わせる要素は何もないし、期待はしてるけどどうなんでしょうねぇ?

などと独り言を言いながら、今宵は初めて飲む日本酒を楽しみました。
香川県の西野金陵株式会社の

「金陵 純米吟醸無濾過生原酒 月中天(げっちゅうてん)」

原料米には さぬきよいまい を使用との事。これは「オオセト」と「山田錦」の交配で誕生し、平成18年に真鍋香川県知事により「さぬきよいまい」と命名されたとの事です。
ラベルのインパクトと、このはじめて聞く米の名前に惹かれて購入した1本。

期待以上の酒に、思わず唸った幸せな週末。「旨いなぁ!」
c0015639_11402034.jpg

[PR]
# by uni2323 | 2015-09-27 11:42 | F1な事

餃子がくいたい

週末を利用して盛岡へ。家人所望のじゃじゃ麺たべに白竜(パイロン)に向う。小雨の中並ぶの覚悟でしたが、11:30頃最後の空席に案内される。

店内を見回すとこんな色紙も。吉田類さん、酒場放浪記の撮影だったら素敵。
c0015639_08292324.jpg
注文は勿論、じゃじゃ麺ですがメニューには餃子の文字が。ビールは飲めないけど一枚 頼んでみる。この日は週末、観光客らしきグループも昼から酒盛りでもりあがっている。
c0015639_08370680.jpg

少し時間がかかったけれど熱々の餃子、旨かったなぁ!
当然ですが、じゃじゃ麺→チータンタンの鉄板コース、大満足で店を後にしました。
c0015639_08402099.jpg
c0015639_08404219.jpg

[PR]
# by uni2323 | 2015-08-23 07:57

名物に旨いものアリ

4年間過ごした佐野には旨いものが沢山ありました。赴任する前は、佐野って何処にあるの?佐野厄除け大師以外に
なにかあるの?程度の知識しかありませんでしたが、週末には他府県ナンバーで渋滞する程の観光地でもあります。

どの位観光客が訪れるかと言うと、平成25年では857万人であり、同年横浜市の3,134万人には遠く及ばないものの
同じ栃木県内の日光市1,005万人と比較しても、なかなか健闘しているのではないでしょうか?(数値は各市で公表されているものを参照しました。)
観光の主な目的はショッピングで、やはり佐野のアウトレット(我が単身赴任アパートからも徒歩圏内でした)の集客数は群を抜いているようです。
そして、その観光客の多くが「佐野ラーメン」を求めて有名店に足を運びます。
下記の写真は、某日某有名ラーメン店の午後3時過ぎの光景ですが、ざっと30名以上の方々が店の外で待っているのがわかります。

c0015639_14051614.jpg


 佐野には200店舗以上のラーメン屋があり、人口1万人あたりのラーメン店では日本で一番多いのだとか。だから余計どこが美味しいのかわからず、ネットや既出の情報を信じて皆んなが押し寄せるのでしょうねぇ。この店も、勿論美味しいのですが地元のラーメン好きはもっと違う店に行きます。

あと私の経験談なのですが、写真とは別の某有名店のラーメンをどうしても食べたくって時間を遅くずらして行ったことがありました。まだ少し行列はありましたが念願のチャーシュー麺にありつくことが出来たのですが、出て来た麺がまるですいとんのようにドロドロでがっかりしたことがありました。でも、佐野出身のラーメン好きに聞くと、やはりこの銘店は外せないとの事で、今度は開店前に並ぶ覚悟で行きました。同じチャーシュー麺を頼んだのですが、この麺が素晴らしく美味しく、そしてスープも澄んでいて思わず唸ってしまいました。(嗚呼、今思い出しても生唾ゴックンです!)

前回と今回との違い、それはおそらく有名店なので開店直後からずーっと客が途切れず、麺を茹で続けた結果時間が経つにつれてお湯に、もともとラーメンについている小麦粉(打ち粉)が溶け出した結果ではないかと思いました。(個人的な感想です、間違っていたら申し訳ありません)
ですから、その後は出来るだけ開店直後に行くようにしましたが、いつ食べても老舗のとても美味しいラーメンを食べる事が出来ました。

もし佐野に行く機会があれば、是非!開店前から並んでも早い時間のラーメンを食べてみてください。地元民が支持するお店もお教えしますよ。
そしてラーメンと人気を2分(言い過ぎかな?)するのが「いもフライ」。写真は佐野駅近く、飯島商店さんのいもフライ(両端)2本とイカフライ(真ん中1本)。これがまた、揚げたてだと心ホッカリする美味しさ。私はここのフライが1番大好きでした。
c0015639_12023205.jpg
ラーメン、いもフライなんかの名物の影に隠れていますが、栃木は蕎麦の産地。そして、我が家が愛してやまない蕎麦屋が
佐野にはあります。週末、昼酒を楽しんでました。天ぷらはサクサクで、今なら桜海老の天ぷらがあります。そして
地酒によくあうじゃこ天やそばがき、焼き味噌など、ツマミも豊富で、特筆すべきはまったく臭みない「鴨ロース」を
白ワインや、辛口の日本酒で楽しむ事ができる、大人の隠れ家的な蕎麦屋さんも実は頑張っているんです。
c0015639_14474749.jpg
佐野に行く機会がありましたら、netだけでなく色々探してみると本当に美味しいお店がいっぱいある
そんな素敵な街です。引越しの荷物に囲まれながら、少し現実逃避してみました>爆




[PR]
# by uni2323 | 2015-05-18 14:51 | 佐野ライフ

きじ君ともお別れ

震災の年の5月に、栃木県の営業所へ転勤になってからもう4年が経過しましたが、この度横浜へ転勤が決まり、東京へ戻ってきました。

初の単身赴任でした、今思えば楽しかったこともいっぱいありましたが、東京を離れたことでわかった家族の大切さとか、街暮らしの快適さなんかを再認識出来た貴重な4年間でした。
赴任先のアパート前には、畑が広がりその向こうには低山でしたが山並みが広がり長閑かな風景でした。ま、そのおかげで駐車場に駐めてある車はすぐに土まみれになって、洗車をなかなかしてもらえない我が愛車は、いつもドロドロ状態でしたが>苦笑

その畑の中には、ツガイの「きじ夫婦」が生活しており、ケンケーンッ!と毎朝騒々しく鳴いておりまして、、、その鳴き声ももう聞くことはないんだなぁ、、、、
c0015639_8215654.jpg

元気でね!きじ君!!
[PR]
# by uni2323 | 2015-05-15 08:24 | 佐野ライフ

変化にとんだ最近

2014年はなにかと変化にとんだ年になっていて退屈しない毎日ですが、私は相変わらず体重増加に悩みつつも、楽しく酒を飲み、友とキャンプ三昧だったり、北関東近郊のお手軽旅行等をして穏やかに過しております。
昨日は行きつけの蕎麦屋さんに昼酒を楽しみに行ったら、偶然にも新蕎麦解禁日でしてついつい思いっきり昼大酒になったりしまして、のんきなおっさん三昧でございます。

たまにはここもupしないと、ネットの世界を忘れそうなので、先日登った栃木は那須連山の朝日岳での一コマです。真っ青な秋空に気持ちの良い休日登山を楽しみました。

2014年も残り2ヶ月かぁ。がんばろっと。
c0015639_1132766.jpg
c0015639_1124181.jpg

[PR]
# by uni2323 | 2014-11-03 10:55 | その他

雨の週末、、、

今週末には、宇都宮のキャンプ場で先日求めた灯油ランプの点灯式を行う予定でしたがあいにくの雨。
梅雨入りしたのでしょうがないけど、私の「熱」を下げる要因は何一つ無い。

金曜日、スーパーで賞味期限ギリギリの牛のもも肉を買って来て、自宅のスキレットでジュジューッと焼く。お手軽だけど、飛び上がる程旨い!
c0015639_17311292.jpg

カレーの為のご飯は、絶対「飯ごう」で炊くのだ。
c0015639_17315253.jpg


c0015639_1815987.jpg

雨でも、それなりに楽しい! けど、やはり変わり者だな>自分、、、、
c0015639_1733784.jpg




ランタン いじりのVideoはこちらから

      ↓ (顔出しで出演中>爆笑)


[PR]
# by uni2323 | 2014-06-08 20:04 | 佐野ライフ